わたしに還る物語

少女は、そのやんちゃな素振りに見合わず、生まれつき肌が弱く、時には紫の塗り薬まみれに、時には包帯まみれになりながら、母親とせっせと皮膚科に通っていた。 そんな彼女に母親が与えたのは、薬局で購入した少し良質な石鹸と綿100%の”HADAKA”の肌着だ…